荏原工業洗浄株式会社 主要な事業内容原子力関連の除染・洗浄

原子力関連の洗浄

原子力発電の運転の継続とともに一次系機器、配管に腐食生成物が付着堆積し、放射線量が増加してきます。このような現象は、検査や修理の際、作業員の放射線被ばく量の増大を招くことになります。原子力発電設備の除染は作業員の被ばく量を低減し、定期点検を安全・容易に行なうために、必要不可欠な業務となっています。

原子力発電プラント建設時の洗浄

原子力発電プラント建設時の洗浄

建設時の系統試験運転前に実施する洗浄は、系統内からあらゆる異物を排出し、安全性を確固たるものにするために欠くことができません。また、洗浄後の系統内の清浄度を維持する系統保管も、重要な作業となります。

フラッシング時の使用水量を低減する大型逆洗フィルターユニットの開発にも力を入れ、環境に配慮しています。

原子力発電プラント供用中の除染

供用中の原子力発電プラントの除染は、できる限り短時間に、しかも確実に放射性汚染物質を除去し、回収する必要があります。荏原工業洗浄では化学除染、物理除染など、効果的な除染システムで原子力発電所のニーズにお応えしています。

化学除染 化学除染剤によって原子力発電所内の機器・配管などの表面に付着した放射性化学物質を除去します。
物理除染 ジェット、ブラシ、ドライアイスブラストなどの物理的手法により原子力発電プラント内の放射性汚染廃棄物を除去、回収します。
減容型膜フィルタ 平膜のプリーツ成形により高ろ過面積かつコンパクトで抜群の耐久性と高いろ過性能を達成しました。フィルタはワンタッチカプラの操作で容易に脱着でき、内圧式ろ過(内→外の流れ)によりハウジングが不要で使用後のフィルタは圧縮減容廃棄が可能。
Icon PDFカタログ 減容膜フィルタ

自動ブラスト装置

自動ブラスト装置

ブラスト装置内部

ブラスト装置内部

減容型膜フィルタ外観と圧縮状況

減容型膜フィルタ外観と圧縮状況

原子力関連の除染・洗浄

原子力発電プラント使用後の除却除染はクリアランスレベルを考慮し、被対象物の構造・形状に適した化学的、物理的除染が必要です。

原子力発電施設の除却除染技術

これまで、既存の除染設備で除染が行われてきていますが、発生する汚染金属廃材量が年々増加傾向にあり、汚染金属廃材の集積場所が不足しつつある状況にあります。これらの汚染金属廃材は適切な除染を行えば管理区域からの搬出が可能となります。
この問題を解決するために、新たな除染技術の開発や除染設備の設計製作も行なっています。

金属廃材汚染状態のモデル

金属廃材汚染状態のモデル

コンパクト化学除染装置

コンパクト化学除染装置